基礎代謝量が「13%以上も上がる」ダイエット中の生活習慣とは

「基礎代謝ってどうやれば上がるのだろう?」と思っていませんか、普段の生活で消費される代謝だけに上げるのは難しそうに感じるけど実は毎日の入浴方法を変えるだけで基礎代謝は簡単に上げることができます。1日の終わりを簡単なシャワーで済ませている人はまずはバスタブにお湯を入れてこの入浴方法に変えてみてください、毎日基礎代謝力を高めることで簡単にごはん1杯分の消費カロリーを消費する代謝力がつきます!

misoko22
misoko22さん

入浴方法で基礎代謝率13%以上もアップ

入浴は基礎代謝力を高める重要な習慣です、やることは簡単で「40度前後のお湯で半身浴を20分ほどする」だけです、湯船につかるとお湯の熱で体が温まり、皮膚表面の血管が開くことで血行が良くなり体温が上昇します、このとき体の体温は1度以上も上昇するんです。

1度上がるとどうなるのかというと、『基礎代謝量が13%以上もアップ』するんです、成人の女性の場合基礎代謝量は1300kcal前後と言われていますこれから約13%上がるとすれば、1430kcalにも!

お風呂に入るだけで「ごはん1杯の消費カロリーアップ」に。

みなさんはごはん1杯のカロリーを消費するのにどれだけ努力をしているのでしょうか。

運動なら外でジョギング30~40分ほどになるのがお風呂にゆったりつかるだけでOK、どちらがラクチンでしょうか?やっぱりお風呂ですよね、毎日の疲れも取れてダイエットに効果的ならやるっきゃないです!

ここでみなさん疑問に思うのはそれならさらに温かいお風呂ならもっと痩せれるのでは?と思いがちですが、42度以上になると血液が固まりやすくなって逆に体にとってリスクになるから注意です。

ポイントは「40度のお湯」「半身浴」「20分」が基礎代謝を上げてくれることになります、さらにこの3つが別の効果も発生するので要チェックです!

就寝前の入浴で痩せ体をつくる快眠サポート

睡眠と重要な関係にあるのが入浴です、人は寝る時には体温をゆっくりと下げつつ体の活動を抑えて就寝につきます。

その時に役割をサポートしていいるのが「副交感神経」「メラトニン」のホルモンです、なかなか寝つきが悪いなと思う人は「交感神経」が優位になっているから寝つきがわるくなります、そこで簡単にできるのが先ほどの3つを組み合わせた入浴です、入浴後体がポカポカしてきますが、入浴から時間がたつと皮膚の血管が開いて熱が放熱されて上がった体温を徐々に下げていきます、この状態になれば体はリラックスできている状態になるのでそのままベットに入ればうつらうつらと自然に眠たくなってきます。

実はダイエットにはこのリラックスして自然と眠れる状態がベストで「副交感神経」が優位に働いて質の高い睡眠になります。

質が高いとホルモンのバランスがいいので「成長ホルモンが分泌」されて筋肉を作ってくれます、そうなると自然と痩せ体質へと近づいてくれるのです。

この良質な睡眠を手に入れるには、できるかぎり寝る前の1~2時間前が最適!毎日寝つきが悪いなと思う方はシャワーや熱いお風呂ではなくゆっくりと湯船につかってください

コップ1杯の水で老廃物も排出して新品の体に!?

入浴前にはコップ1杯の水またはお茶など飲むようにしてください、
これが必要な理由は「汗」をよりだすためです、ゆっくりと20分ほど入浴すると体の芯から温まって汗がじわ~と出てくるようになります、その時に皮脂腺から老廃物が排出されて健康力もアップします。

さらに温まりたい場合は半身浴をして体を洗った後に再度お風呂につかれば湯冷めしにくくなります。

老廃物を排出して体が温まるとよりダイエットに効果的に睡眠になります。

まとめ

『40度の半身浴20分で代謝アップ』
シャワーではなく、入浴することで基礎代謝が13%もアップ。

『就寝前の入浴なら快眠もサポート』
寝る1~2時間前の入浴でリラックスできて快眠になって成長ホルモンも分泌!

『コップ1杯の水で老廃物を排出』
入浴前に1杯の水を飲めば汗もかきやすくなって老廃物も排出。


どうでしょうか基礎代謝を上げるにはこれ以上の簡単な方法はないかもしれません。ご飯を少し多く食べたから運動でなんとかしようと思うよりもゆっくりお風呂に入るだけで13%も基礎代謝量がアップするのならダイエット中は積極的に入るしかありません!

毎日できる効果的な基礎代謝力アップの方法ですこれを読んで明日から実践してください!

2021年1月13日
misoko22

misoko22 について

ダイエットは無理してガンバッた人だけのもの?いえいえそんなことはないよ誰でもできる!なんでって私もできちゃったから。そんな私が色々試したダイエット方法や感想をみんなに教えていきます!

コメントを残す