体重が重たいから肥満?肥満の基準とは?

最近太ってきたかな?お腹がぽっちゃりしてきたし体重が以前よりも2kg増えたから太った?みなさんこんな形でダイエット初めてないでしょうか。肥満は体重ではなく、基準とするのは体脂肪率!ダイエットするにはまずはあなたが本当の肥満なのかどうかを図ることから始めてみましょう!

natu
natuさん

体重ではなく、体脂肪の溜まりすぎが肥満の始まり!

ダイエットを始める人の中で多いのが体重が増えたからという意見がありますが、もちろん気持ちはわかりますが肥満の基準になるのは「体脂肪率」です。

体脂肪とは、体にある脂肪すべての総称で、通常、皮下(皮膚と筋肉との間)や内臓周辺にある中性脂肪のことを指します(お腹をつまんだ時につまむことのできるお肉が体脂肪)。

この体脂肪が基準値より多い場合に肥満、それより低い場合は肥満ではないとされています。

もし下記基準範囲であれば無理なダイエットはせずにBMIなどを基準として目標体重を決めてみてください!

肥満の状態を図る指標が「体脂肪率(体脂肪が体重に占める割合)」です、基準としては男性で25%以上、女性で30%以上で肥満とされます、それでは体重が重たい人はどうなるのでしょうか?

例えば体重があっても筋肉質の人などは体脂肪率が低いので基準としては肥満ではないとされます。


■体脂肪率の適正範囲

〇女性 
適正範囲:17~27%(30%以上で肥満)

〇男性
適正範囲:14~23%(25%以上で肥満)

年齢が高くなればなるほど体脂肪率は高くなる傾向になります。計測するには電気量販店で販売されている体組成計などでチェックしてみてください。

中性脂肪と内臓脂肪健康にわるいのは?

答えからいうとどちらも基準値以上になれば健康には悪影響です。

ですが「糖尿病」「高血圧」「動脈硬化」などの生活習慣病のきっかっけになりやすいのは内臓脂肪と言われています、ですが落としやすいのも内蔵脂肪です。

内臓脂肪は食事制限で体重が落としやすく、中性脂肪(皮下脂肪)は内臓脂肪が落ちた後に減ってくる脂肪なので、自分がどちらのタイプなのか把握した上でダイエット方法を選択してください。

見た目での見分け方は内臓脂肪の場合、体重は変化しているけど見た目に大きな変化はなく判断できる部分はお腹周りが大きくなってきて、いわゆるポッコリお腹になっていることが多いことで判断ができます。

ダイエットといってもただ体重を減らせばいいといことではなく
体重だけで判断してしまうと過度な減量になってしまい体には逆に悪影響です。

今肥満体質になっているのか体脂肪率を基準にダイエット方法を決めてみてください。

2021年1月5日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す