痩せるためには活性酸素の撃退が必要!そのための改善方法とは

太らない体作りには、体の中の掃除が重要です、人は呼吸や食事をするときに活性酸素を発生させます。活性酸素が発生すると細胞を構成する脂質などを酸化させて細胞を傷つけます、そうすると細胞が働きを失って、体を錆びさせる原因となります、錆びた状態の体は脂肪を燃焼しにくくなりダイエットに影響がでてしまうのです。今回はどうすれば活性酸素を防止できるのか知識をお送りいたします。

emiemi
emiemiさん

年齢とともに増える活性酸素とは

人の体は食事の時に食物から取り込んだ糖質や脂質を取り込んで酵素を反応させてエネルギーを作りだします。

その時に発生してしまうのが「活性酸素」です。呼吸の時にも取り込んだ酸素の内数パーセントは活性酸素に変わると言われています。

活性酸素には、ウイルスや細菌などから体を守る働きがありますが、不健康な生活をしていると過剰に発生して、逆に体を錆び付かせてしまうことにもなります。体が錆びると体の活動に不調をきたすようになります。

【活性酸素が増えると健康にも悪影響】

①老化のはやまり
活性酸素が結び付くと、過酸化脂質になって体に害を及ぼしますそうなることで、老化がはやまったり、生活習慣病になってしまいます。

②内臓器官の低下
内臓器官の低下が起こると、慢性的な疲労や熱の生産能力が低下し脂肪の燃焼をしにくくなります。

③がんなどの病気になる
細胞が傷つく時に遺伝子などにも傷がつくことでがんなどの病気になりやすくなります。

人の体には活性酸素が発生しても毒性の薄い物質にかえてくれる酵素も持っています、ですが年齢とともに酵素は減っていきます、30代以降になると太りやすくなってしまうのはこのためで、健康のためにもできるかぎり「活性酸素を抑える生活」や減った分の「酵素を補う食事」などが必要です

重要!活性酸素を大量発生させる5つの習慣!

それでは何が活性酸素を抑える方法になるのかというとまずは生活習慣の見直しが必要になります。

【活性酸素を発生させる5つの習慣】

①食べすぎ
消化したり栄養を吸収したりするときにエネルギーを使うことで「活性酸素」の発生量が多くなります。ダイエット中にはストレスなどで食べすぎることも多くなります腹八分目で良く噛んで食べることで食べすぎを抑制できるのでまずは食事の方法から見直してみましょう。

②お酒の飲みすぎ
お酒を飲むことで肝臓がアルコールを分解するときに発生します、普段お酒を飲む人は飲む量を徐々に減らすことで抑制はできます、飲み会などの場合は事前にお酒を控えているまたは飲めないことを伝えておくことでも抑制にはつながりますのでお酒の飲みすぎを抑制してみましょう。

③喫煙
喫煙は煙に含まれる有害物質を体が除去しようとするときに発生します。
たばこの抑制は難しく、人によってすきま時間ができるとどうしても吸いたくなる衝動にかられてしまいます。抑制にはやはり「健康被害があること」「金銭的な負担があること」を意識することが重要です。

④激しい運動
激しい運動時にエネルギーを大量に使用するときにも発生します。運動と言えば健康にいいと思われがちですが、呼吸量が多くなる運動などは要注意です。、健康・ダイエットで運動をする場合は、ウォーキングや軽めの運動をするようにしましょう負担の少ない軽めの運動は逆に抗酸化酵素の働きを高めてくれて体の酸化を抑えてくれます。

⑤ストレス
ストレスが続くと体の機能が低下し、ストレスに対抗しようとホルモンが分泌することで発生します。


その他にも「紫外線」などでも活性酸素は発生します全ての活性酸素を減らすことは難しいかもしれません、ですができる限り生活習慣を見直すことで大量発生は抑えることになるので一つ一つ見直しをしてみましょう。

特に食事に関するものは毎日の蓄積にもつながります、また改善もまた簡単な方法で対応できるのでまずは食事の見直しをしてみましょう。

酸化防止の抗酸化食材をとろう!

活性酸素を消す酵素はタンパク質を原料として、亜鉛、マンガンなどのサポート借りて体のなかで作られます、これらの栄養が不足すると活性酸素の大量発生につながるので不足しないような食事選びをしましょう。

とくに亜鉛は不足しやすいために「玄米・全粉穀物」など意識して取るようにしてください抗酸化物質を含む食材はその他にもあり、ベーターカロチン、ビタミンC、ポリフェノールなどを含む食材も積極的にとることで活性酸素の発生を抑えることができます。


【抗酸化物質を含む食材】

①ベーターカロチン
人参、カボチャ、ホウレンソウなど

②ビタミンC
レモン、ブロッコリーなど

③ビタミンE
ホウレンソウ、アーモンド、カボチャなど

④ポリフェノール
ブルーベリー、リンゴなど

⑤フラボノイド
レタス、玉ねぎ、大豆など

抗酸化物質を含む食材の多くは野菜や果物などダイエットの時にとっても嬉しい食材ばかりです。

低カロリーで栄養が豊富なものが多くあります、中でも「人参」「ブロッコリー」「玉ねぎ」はおすすめの3強野菜で人参はベータカロチン、ビタミンCが豊富なうえ食物繊維も豊富に含まれています、ブロッコリーは体内の酸化を防いでくれます、玉ねぎも強力な抗酸化作用があり、さらに血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

活性酸素を撃退する野菜の中でも最強の3つですので普段の食事にも取り入れて痩せやすい体作りをしてください。


活性酸素は人の活動に必要な部分もありますが、大量にできてしまうと悪影響にもなります、どれも普段の生活の見直しで改善できるのでまずは一つづつ見直して大量発生を抑えてください。

そのうえで抗酸化物質を含む食材を普段の食事に取りいれれば健康のサポートになってくれます体の錆がなくなれば若い時の体のように痩せやすい体質に変化するようになるのでぜひ生活の見直しと食事の改善を取り入れてみてください。

2021年1月4日
emiemi

emiemi について

身長165cm,体重:内緒、意外と無理なダイエットにもチャレンジするけど、健康的なダイエットが一番だと思うので私が実践&気になった情報など紹介しちゃいます!

コメントを残す