脂肪の燃焼効率アップするならカプサイシンが最強!

食べると体がポカポカとあったかくなる香辛料「カプサイシン」ですが。体が熱くなっている時には脂肪を分解する働きがあります。普段あまり料理に使わない人もいるかと思いますが、辛いもの好きの人も苦手な方も適度に料理に活かすことでより痩せやすいダイエットレシピになるのでおすすめの食材です。今回はそんな香辛料の情報についてお届けします!

emiemi
emiemiさん

そもそも香辛料の成分「カプサイシン」とは

カプサイシンは「唐辛子」などに含まれる成分で、数千年前から食品として栽培され、香辛料の一種として利用されてきました。

料理の辛味付けなどに使われていて辛いものが好きな方にとっては最高の味付けになるのではないでしょうか?(私は辛いも好きなので麺類や味噌汁などにも使ってます!)

今では香辛料の一種として利用されている唐辛子ですが、栄養が豊富で健康にいいということはあまり知られていないのではないでしょうか、その昔江戸時代では唐辛子が健康にとっても良いということがわかっていたために「漢方」としても重宝されていたようです。

唐辛子は新陳代謝を高めることでは知られていますが、それ以外にも様々な効果があり「胃を刺激して食欲を増進」「血行促進」などの効果があります。

最近では湿布薬として肩こり・筋肉痛の痛みを和らげる効果があることがわかったために医薬品の一種としても利用されています。

燃焼アップでダイエット効果も!

唐辛子を食べると体が熱くなります、その時食べた栄養を体が体温として発散させることで燃焼しているのです。

詳しくはカプサイシンを食べることで副腎が刺激されてホルモンである「アドレナリン」を分泌されます。それによって体が熱を発して、脂肪を燃焼させやすくしてくれるのです。

ダイエットの時にはできるかぎり減らしたい余分な脂肪ですが、食べることで燃焼してくれるので積極的に食べていただきたい一品です!

韓国人の方などお肌もキレイでスレンダーな人が多いですが、普段から辛い料理を食べているからこその体系なのです。

料理にいかして美味しくダイエット

このカプサイシン簡単に料理にもいかすことができるのも特徴です。例えばキムチと豚肉で「豚キムチ」や唐辛子がアクセントになる「ペペロンチーノ」などに料理で利用できます。

ですが気をつけていただきたいのはカプサイシンには「食欲増進」の効果もあるので食べすぎには要注意してください。

意外と昔から使わている香辛料の唐辛子ですが様々料理と組み合わせれば食べても太らないレシピが開発できるので色々チャレンジしてください!

2020年12月31日
emiemi

emiemi について

身長165cm,体重:内緒、意外と無理なダイエットにもチャレンジするけど、健康的なダイエットが一番だと思うので私が実践&気になった情報など紹介しちゃいます!

コメントを残す