痩せる食材として人気の3強フルーツ!

フルーツを上手に食べることで痩せる体質づくりになります。中でも断然おすすめしたいのがいちご・キウイ・りんごの3つのフルーツ!栄養も豊富でおいしい、しかも痩せるために必要なペクチンも豊富なのです!

natu
natuさん

体の無駄な物質を排出する「不溶性食物繊維ペクチン」

この3強フルーツにはペクチンという成分が豊富に含まれています。

ペクチンは果物の中でも柑橘系の皮(細胞壁)に含まれる天然の糖類でジャムや料理の時のとろみ付けに使われることも多くあります。

特徴はそのとろみになる性質で水分を吸収すると数倍に膨らんで食べた場合腸内で便の量が増してお通じをよくしてくれるのです,しかも高い整腸作用があり、便秘だけじゃなく下痢の予防などに効果があると言われています。

またペクチンには血中の悪玉コレステロールのLDLを下げて体の中の無駄な物質も排出してくれる効果もあります。

肉の脂身(脂肪分)の多い食事を好んで食べる方にはこのフルーツを食べることで体の中の無駄なものを掃除してくれて必要な栄養を吸収できるまさに最強フルーツなのです。

糖分が気になる?いえいえ意外と低い3強フルーツの糖分

果物を使ったダイエットをする場合栄養分は十分であることは理解できますがやはり糖分が気になりますよね、この3つのフツールがおすすめなのは糖分・栄養バランスが優れているからなのです。

果物には水分・ビタミン・食物繊維・糖類を多く含んでいます、その中でも気になるのは糖分の部分ですが、そもそも果物の糖分と砂糖などの糖分の違いをしってますか。

甘さとなる部分は同じですが違いとなるのは血糖値を上げるグルコースが多く含まれているいるかの違いがあります砂糖などの場合「ブドウ糖と果糖」が結合して砂糖になっています、特徴は体のエネルギーになりやすく脳にとっては必要な栄養となります、また血糖値を上げやすくしてしまう特徴もありダイエットには適していないと言われています。
対して果物の糖分と言えば「果糖」になります、果糖は糖分ですが砂糖などに比べてカロリーが少なく血中のインスリンを上昇を抑える作用があるのも特徴です。

しかも果物の場合糖分も含まれていますが、酵素・食物繊維・ビタミンなど健康にいい栄養が豊富でぜひ摂取していただきたい栄養になります。

果物別の糖分の量
〇りんご(半分) 13g
〇キウイ(1個)8g
〇いちご(5~6個)5.5g

バナナ32g オレンジ20gだとかなりの量になりますここでは糖分を基準に情報を記載していますが、バナナやオレンジその他の果物が健康にいいのはいうまでもありません、この3強フルーツは糖分が少なくかつペクチンが豊富に含まれている点がダイエットに適しているとういうことです、もちろん果物といえど糖分の取りすぎには注意してこの3強フルーツをでのダイエットお試しください。

2020年12月25日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す