五感フル活用でダイエット効率アップ!

食事制限中のダイエットはどうしてもドカ食いしがちですよねドカ食いを抑えるには五感を活用した食事方法「マインドフル・イーティング」を実践するだけでダイエットの効率を上げることができるのです。

natu
natuさん

五感をフル活用するマインドフル・イーティング

あまり聞きなれない名前の「マインドフル・イーティング」とは食事をするときに味や食感・においなど体の五感を利用して食べることで料理一つ一つを味わいそれぞれの風味など料理の気づきを得るためにある手法です。

もともとは「マインドフルネス」という心と体をリラックスしながらも集中した状態にする行動からヒントを得た方法で日本の瞑想から影響した考え方で心や気持ちを満たすことでストレスや豊かな生活をおくるための実行されている自己コントロールになります。

そこから食事に応用したのが「マインドフル・イーティング」です、五感をフルに活用して食事をすることで、食べることの幸福感を得やすく、食べたものが記憶に残り五感が満足できることで食事の量が少なくなる効果という方法です!

実際にアメリカの大学の研究でマインドフル・イーティングをする人たちは「体脂肪が少なく料理を適量で満足できた」という研究結果もあるそうです。

この方法はもともと瞑想と同じような効果を得るためなので無駄なストレス緩和にもなり,まさにダイエット中には最高の食事方法で実戦するべきです!

マインドフル・イーティングの実践方法

マインドフル・イーティングをマスターする一つの方法に「レーズントレーニング」というのがあります。

1粒のレーズンを用意して、じっくりと食べる前に観察しながら匂いを感じて、ゆっくりと口に入れて、レーズンをイメージしながら舌の上で転がしながら形や風味などゆっくりと味わって五感という「目・鼻・口・耳・触感」などすべて利用しながらじっくりと時間をかけて食事を感じとってみてください。

日本人は昔から同じような行動をとってきました例えば「いただきます」と手を合わせながら食事とそれを食べれることに感謝して食事とそれぞれにまつわることを感じながら食べています、もちろん今でもそこまで深く感じて食事はしていませんが、日本人の考え方にはもとから備わっている感覚になるので始めはお腹が減っているのですぐにお腹を満たそうとしがちですが慣れてくると無理なく食事できるようになります。

これらの行動はただマインドフル・イーティングを行うといことだけじゃなく現代人の「ながら食い」などの抑制にもつながります、例えばテレビを見ながら食事をすると見ることに集中して早食いになったり、量に満足できずに食べすぎることにもなります、五感を活用して食べることで「ながら食いの抑制」になり、食事を適量で満足できることにもつながります。

ただ美味しく食材を感じて食べるだけの行動のように見えますが様々な効果を感じられるになるのでぜひチャンレンジしてみてください。

2020年12月24日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す