【20分以上が最適!】食べる時間で太らないようにするには?

20分以上かけてでゆっくりと食べると食事量は減る?逆にたくさん食べてしまうような感じがする話ですが、ダイエット中の食事は時間をかけて食べることで量が少なくても満腹感が得られてダイエットに大きな差がでるのです!

natu
natuさん

満腹中枢が刺激されるまでの時間が20分!

お腹が満タンになったから食事が満足すると思っている人もいるのではないでしょうか?

人は脳の満腹中枢が血糖値の上昇を感知して満腹になったと感じています、しかしこの満腹中枢が動くまでには食事をしてから約20分ほど時間がかかります。

そのため早食いの人などは満腹中枢が血糖値の上昇を感じるまでに食事が終わってしまいます、その時に「まだお腹がいっぱいじゃないな~?」と感じてしまい食べすぎの原因になります。

肥満の人へのアンケート結果では食事時間が20分以下の人が多く、食事時間が肥満のもとになっていると言われています。

ダイエットをより効率的に進めるにはまずは早食いをやめて、時間を20~30分ほどかけて食べるように意識することで食べる量がコントールでき、カロリーカットにもつながります。

現代人は忙しいためにどうしてもお昼など休憩時間を確保するためにパッと食事を済ませがちですが、できるかぎり時間をかけてゆっくり食べることで、同じ量の食事でもお腹の満足感もあり無駄な栄養を吸収しなくていいので痩せれるようになります、まずは1回の食事を20分以上としてゆっくり食べてみてください。

ゆっくり食べるためには「よく噛む」

ゆっくり食べるには、噛むことを重視しながら時間をかけて食事をしてください、なぜなら噛むということには、様々な効果があり、噛むことで食事時間をかけて食べれることと、よく噛むことで「ヒスタミン」という物質を分泌されることで満腹中枢を刺激すると言われています。

このヒスタミン内臓脂肪を燃焼させる効果もあると言われていて、「お腹の満足」と「内臓脂肪燃焼」のWの効果があります!

噛む理想の回数は20~30回と言われているのゆっくり噛んで食べるようにしてみてください。

もしあまり噛む回数が少ないと感じている場合は食材や料理から見直してみましょう、最近では噛むことが少ない食材を利用しての料理が多いので、歯ごたえのいい「ゴボウ」や「きゅうり」などの料理も増やしてみてください、食物繊維も豊富なのでお通じにもおすすめです。

肉類なども噛むのにはいいのですが、もし料理に使うなら鶏肉や豚肉などできるかぎり低カロリーのもの選ぶのもベストです、ひとくちづつゆっくり食べて噛むことに慣れてみてください!

2020年12月21日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す