ダイエット中の基礎代謝は筋トレで維持

ダイエットの仕組みは「食べ物から摂取するエネルギーを消費するエネルギーで上回る」だけ、それが痩せるために重要な仕組みです。(わかってはいるけどそれが難しいんですよね!)
そのために重要なのは運動で消費する、筋肉トレーニングで消費する体づくりをすることです、今回はそのために必要な筋トレで痩せるための情報をお届けします!

emiemi
emiemiさん

運動の消費エネルギーは意外と少ない2割ほど!

ダイエットというとマラソン・筋トレなどの運動ですよね、ですが運動で体の消費できるエネルギーの消費量は全体の15~20%ほどなのです!

でも運動をして汗をかくと、メンタル的にもいいですし何よりもやった感があるからではないでしょうか。(運動すると気持ちも上がるので私はおススメです!)

それではそれ以外のエネルギーの消費はどうなっているの?
それは体自体を維持していくための熱を作り体温を保ったり生命を維持するために必要な基礎代謝で全体の60%ほどを消費エネルギーとして利用しているのです。

でも運動での筋肉維持は無駄にはできない!

意外と運動の消費量が少ないことがわかりましたが、それじゃ筋肉のエネルギー消費は考えなくてもいいのかというと、そうではありません。

筋肉の消費量は1kgあたり約10kcalを1日で消費してくれます、筋肉の量は成人の男性で約44%ほど女性だと36%前後です、だからこそ筋肉を増やすことでダイエットしやすい体にはなるのです!

あくまでも運動で代謝をするのが目的ではなく、運動して消費するプラス筋肉をつけて基礎代謝を維持することが目的となります。

痩せながら筋肉をつける?

ですが体が痩せていくと脂肪も燃焼して減っていくのですが、実は筋肉も減るとのです。

矛盾しているように思えますが、痩せるというのは「摂取したカロリー以上に消費するカロリーが増えた時」です。だけど筋肉がつくときには逆で単純にいうと「摂取したカロリーを消費するカロリーが上回る時」に筋肉がついていきます。

ボディービルダーなどがプロテインや栄養を豊富にとって筋トレするのもそのためですね!

そのために急激な食事制限などでダイエットする場合、体重も減少していくけど筋肉も減少して基礎代謝のバランスが悪くなり、ダイエットが停滞したり、場合によってはリバウンドしやすくなったりするのです!

そこで重要なのが筋肉を維持するための筋トレです、体重を効率よく減らすためには「基礎代謝を維持しながら、筋肉量を維持する」のが重要になります。(筋肉が減ると基礎代謝も減るし、でも痩せるためには減少してしまうし大変ですね・・・)

特に30代になると筋肉量も減ってくるのでできる限り「筋トレ」をして基礎代謝を維持しなが徐々に痩せていくのがポイントになります、特に下半身の筋肉の衰えわかりにくく、普段歩るくだけにある程度筋肉はあるのじゃないのと思いがちです、もし筋トレをしながら基礎代謝を維持する場合は下半身中心の筋トレを行いましょう!

2020年12月11日
emiemi

emiemi について

身長165cm,体重:内緒、意外と無理なダイエットにもチャレンジするけど、健康的なダイエットが一番だと思うので私が実践&気になった情報など紹介しちゃいます!

コメントを残す