太らない植物油、オリーブオイル!

料理や調味料の一部として油を使う場合健康に気を使って「植物性の油」を使う人も増えていますよね、「植物油なすべて体にいい」と思っている人も多いとは思いますが、すべての植物油が体に言い訳ではありません!今回は料理に使われる植物油の豆知識をお届けします。

emiemi
emiemiさん

植物性油だからすべて安全ではない?

ご飯以外にも普段の食事でパンを取る機会は増えました、私も朝食はパンですませることも増えています。その時に使うことが多いのがマーガリン、植物性の油ではありますが、マーガリンは固形にするときに化学的な成分を足して作られることが多く、その結果生成する段階で脂肪分である「トランス脂肪酸」が混じることになり、これが体に有害と言われています。

トランス脂肪酸とは、油を精製・加工する際にできる脂肪酸の一種で善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やしたり、動脈硬化・心臓疾患などのリスクが高まる成分です。

アメリカなどでは健康へのリスクが高いことから規制されていますが、日本では菓子パンなどの原材料にも使用されています。

身体にいい油はオリーブオイル!

それでは普段の調味料などにはどの油を使えばいいの?その答えは簡単オリーブオイルです。

オリーブオイルは昔ながらの製法で作られた植物油で、常用している人は、血中の善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減り動脈硬化の予防にもなっています。

オリーブオイルは健康にいい成分が含まれており、抗酸化作用のある「フェノール化合物」や「トコフェロール(ビタミンE)」や「クロロフィル」などが含まれています、オレイン酸が主成分で「オメガ9系の油」で、オメガ9系の油は酸化しにくい油と言われています、オレイン酸は悪玉コレステロールの抑制にも一役かっていますが、皮膚を柔らかくする効果もあり乾燥やしわのできにくい美肌効果もある成分です。

オリーブオイルはもともと、ギリシャやイタリアの、地中海沿岸の食習慣から注目された食品で、実際にオリーブオイルを常用している地中海沿岸の近隣の人には心臓病が少ないそうです。

研究結果では地中化近隣の人は平均寿命が長く、心臓病による死亡率が低い研究結果があります、(たしかにギリシャ人は美人で有名でモデルさんも多い国ですよね!)

オリーブオイルは胃・腸にもうれしい!

オリーブオイルは胃への負担もすくない食材です、油というと胃への負担が大きく油の多い料理を食べると胃もたれになる人などもいますが、オリーブオイルは胃酸の分泌過多を防いでくれるので、胃への負担も少なく腸での栄養素の吸収を助けてくれます。

オリーブオイルは胃腸の弱い人や 消化器官の機能が低下した高齢者にも最適な食材で油の中でももっとも体にいい油です。

オリーブオイルの中でも抗酸化作用が高くビタミンEが豊富なのが「エクストラバージンオイル」と言われています、風味や味なども一定の基準を満たしておかないと与えられない名称ですので、もし料理などに使う場合にはエクストラバージンオイルを利用してみましょう!

油なのに悪玉コレステロールを抑えて善玉コレステロールを増やしてくれるのでダイエット中でも安心して利用できます、抗酸化作用もあり健康・美容にもいいので料理に使う場合はオリーブオイルを利用してみてください。

2020年12月11日
emiemi

emiemi について

身長165cm,体重:内緒、意外と無理なダイエットにもチャレンジするけど、健康的なダイエットが一番だと思うので私が実践&気になった情報など紹介しちゃいます!

コメントを残す