満腹に食べちゃダメ!ダイエット中の食事は腹八分目が痩せれる?

ダイエット中の食事では栄養分をしっかりとってもお腹に入れるボリュームは「腹八分目」がベストです!ダイエット中はどうしても食事制限しちゃうのでお腹だけでもたっぷり満たしてあげようと思いますが人間の体は適切な食事を選んで食べれば「腹八分目」でも十分な栄養は取れるのでダイエット中は腹八分目の食事を目指しましょう!

rakuraku
rakurakuさん

簡単なダイエット方法「腹八分目」

腹八分目のダイエット方法は簡単です、満腹になるまで食べていた1回の食事を「おかずを一品食べない」「夜ごはんを少量減らす」だけ、もちろんバランスの取れた栄養を維持できるように考えて食事をしますが、「おかずをちょっと多く作ったから食べちゃおう!」は厳禁です。

もし腹八分目でもお腹が満足しづらいときは、しっかりと噛んで食べることで満腹中枢を刺激してお腹の満足感も満たすことができます、ダイエット中の食事はゆっくりとしっかり噛んで食べることを実践するのがベストです!

腹八分目に医者要らず

昔から言われることわざで、お腹がパンパンになるまで食べるのではなく「腹八分目」にすることで健康にいいというコトワザです。

この考えは現代でも通用する考え方で。
「お腹いっぱいに食べると体は老けやすく健康にもよくない」と言われています。

なぜそうなるのか!
それは食事をすると食べたものは消化されて体のエネルギーになります。その時に体では活性酸素が発生するのです、沢山食べれば食べるほど活性酸素が発生し体の中は「老化」の元となる活性酸素だらけになってしまうのです。

ちなみに活性酸素とは「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」で人間の体のウイルスや細菌を撃退する役割を果たすと同時に、活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃することで健康な体を攻撃して、老化しやすい体になるのです!

食べすぎは胃の消化にもよくない!

食事をすると食べたものは胃の中を通って消化されるのですが、意外と知られていませんが、その消化をするときにも労力を必要としてエネルギーを消費します。

食べすぎた場合は特に消化するのにエネルギーを使うので胃に負担がかかり健康にもよくないです、場合によって寿命を縮めるようになることも。

胃の中では食べたものを消化液によって溶かして消化しています、年齢を取るにつれて消化液は減少し30代以降の人が「胃がもたれる」というのは、食事の時に胃酸がでにくくなり胃の中に消化できない食事が長く残ることで胃の負担になるために「胃がもたれる」ようになります。

そうなると無理にも消化するために体に負担がかかり大量の活性酸素を作ることで老化も早まるようになるので食べすぎは注意するようにしてください!

食事はゆっくり食べて腹八分目がベスト

体の負担がかかるような食べ方をしているとダイエットにもよくないです、さらには老化にもつながり健康にもよくないので、できるだけ食事はゆっくりと時間をかけて食べ満腹中枢を刺激しながらたべることで腹八分目になるようにしてみてください!

お腹を腹八分目で満たすことができれば、食事量もだんだんと減らすことができ、消費するカロリーも少なくすむために無理なダイエットしなくても少ない労力でダイエットできるようになって体重変化もわかりやすくなるのでおすすめです!

2020年12月9日
rakuraku

rakuraku について

ダイエット始めたけど、結構続かないことが多い!これはダイエットがツライからに他ならないと思い!今では大変なのでラクチンでダイエットできる情報ばっかり探して実践してます!

コメントを残す