寝る前のストレッチで太りづらい体つくり

夜寝る前のストレッチは簡単に太りづらい体を作ることができます、ストレッチには疲労回復しやすい側面もあり、リラクゼーション効果もあるので1日10~30分ほどからでもストレッチを始めてみましょう。

emiemi
emiemiさん

全身の筋肉を伸ばして血行アップ

夜寝る前のストレッチは30分ほどやるのがおすすめです、ストレッチは筋肉をしっかりと伸ばすことで、1日使った筋肉の疲労回復にもなり、しっかり行うことで血行もよくなります、そのために体脂肪を燃やすための酸素が体中にいきわたり、代謝がよくなることでダイエット効果を実感できるようになります。

何よりもうれしいのは、体を動かすことでリラクゼーション効果もあるので脳も体もリラックスできて寝ている間のホルモン分泌もよくなります。

寝ている間に分泌される成長ホルモンなどは体脂肪を燃焼させやすい働きがあるので普段のダイエットにも効果を発揮しやすくなるのでダイエット中の方はおすすめです!

ストレッチのポイント

ストレッチのポイントは3つです

①部位を伸ばすのにゆっくりと20秒以上かけて伸ばす
急激に伸ばすと筋肉を傷めることになります、普段デスクワークの人は腰など腰痛の原因になるので、ゆっくりと無理なく伸ばしつつストレッチしてください。

②痛みを感じないように「気持ちいい」状態を維持して行う
ストレッチを痛みが感じるくらい無理に行う人もいますが、痛みを感じているということは体に負担がかかっている、またはすでに体を傷めている場合などがあるので、ちょっと「気持ちいい」程度でストレッチしましょう。

③ゆっくりと息を吐きながら伸ばしていく
ストレッチは筋肉トレーニングではないので、息を止めてぐっと踏ん張るような形でやることがないようにしましょう、初めは体が硬くなっているので無理に伸ばしがちですが、時間をかけてゆっくりゆっくりストレッチすれば体がぐに~と伸びていく感じがわかるようになります、ゆっくりと息を吐きながら体がリラックスできるいる状態をイメージしながら伸びしていくようにしましょう。

ストレッチは簡単にできる運動です、ダイエット中にはそのほかの筋トレなども行う人もいるので運動前のストレッチとしても取りいれてみてください、しかも疲労回復しやすくなるので無理なくダイエットを行えるようになります。

柔軟性がまして筋肉が柔らかくなると血行もよくなり、肩こりや冷えの解消にもなるので健康のサポートにもおすすめの運動です。

ストレッチのメリット

自宅で簡単にできる運動で、スポーツ選手も取り入れているストレッチですが、体の柔軟が補えれば色々なメリットありますのでまとめたものを参考にしてみてください。

【メリット】
・肩こりの解消
・冷え性の解消
・高血圧の改善(動脈硬化の改善)
・むくみの改善
・体の関節の可動域が大きくなる

始めのうちは体が固まって柔軟しづらいですが、(実は私もそうでした!)毎日続けているとびっくりするほど柔らかくなってきます、初めはダイエットにいいというので試したのですが肩こりも解消できたので今では週2~3回は必ずストレッチして体をほぐしています、こんなに簡単なことで改善できるのと思う人こそぜひ試していただきたいです!

2020年12月8日
emiemi

emiemi について

身長165cm,体重:内緒、意外と無理なダイエットにもチャレンジするけど、健康的なダイエットが一番だと思うので私が実践&気になった情報など紹介しちゃいます!

コメントを残す