食事は血糖値を上げないために野菜から食べる

食事の食べ方にもダイエットには欠かせない方法があります。その中でも血糖値を急激に上げない食べ方をすることでしっかりと食事をしながら「痩せ体質」作りができるようになるのでぜひチェックしてみてください!

natu
natuさん

一口目は野菜から食べる

簡単なことなのですがダイエット中の食事の一口目は「野菜類」から食べます、お味噌汁がある場合などは野菜・お味噌汁・味付けの濃いもの・ごはんの順番で食べていくのがポイントです。重要なことは「ごはん」は最後にするのがベスト!

食べ方も「一品づつパっパっ」と食べていくのではなくゆっくりと噛みながら食べながら、「ごはん」を食べるまでの間をあけるためにゆっくりと食事することが重要です!

野菜・海藻類などから初めに食べる理由は、野菜類には含まれる食物繊維が糖分を吸収する働きがあるためです、食物繊維は腸内で無駄な糖分を吸収しないようにすることで血液中によけいな糖分が流れず便などと一緒に排出することで血糖値が上がらなくなるためです。

血糖値が上がるとどうなるの?

結果からいうと、血糖値が上がると太りやすい体質になります、食事をすれば血糖値は自然とあがりますが、ごはんなどの糖質が多いものを始めに食べると体に糖分が急に入ってくるために急激に血糖値が上昇します!

体は急激に上がった血糖値を下げようとするために膵臓からインスリンを大量に分泌します、このインスリンがダイエットにとってのくせもので、インスリンが血中にある糖分を体内にせっせっと取り込んでくれるおかげで太りやすい体質になってしまうのです。

空腹時の糖分は肥満のもと

通常の食事でも血糖値はあがりますが、空腹時となると少量の糖分でも体を維持するために血糖値を急激にあげます。これが繰り返されると知らず知らずのうちに体は「太りやすい体質」に変貌してしまうのです。

そのために食事の時には「はじめに野菜」「つぎに海藻類やお味噌汁」「最後にご飯」という形が理想形となります、ダイエットの時にはできるかぎり血糖値の急激な上昇を避けるためにも野菜から食べつつ血糖値を緩やかにあげていくことで「体がそんなに急に栄養を取り込まなくても大丈夫なのね?」と思わせていくことが重要です。そうすることでご飯をしっかりととっても太りにくい体質ができるので無理なくダイエットができるようになります。

食事の食べ方だけで?と思う方もいるとは思いますが、ダイエット中はどうしても痩せたいことが重点になりがちです、そのために「急激な運動」や「無理な食事制限」などしてしまいますが、一つ一つ痩せやすい体質を作っていければ体重はぐ~んと下がるようになるのでぜひお試しください!

2020年12月4日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す