太りやすいのは下半身の筋肉が衰えるから?

ダイエットしようとすると、必ず気になる部位を筋トレしがちですが、重要なのは体の筋肉の7割がある「下半身」を鍛えること。

特に30代以上の体を動かさなくなっている方の大半は下半身の筋肉が衰えているためにダイエットしづらい体になっています。まずは下半身から鍛えてみましょう!

maki
makiさん

20代から急激に減少する下半身の筋肉

20代までは体の成長を促す成長ホルモンが盛んに分泌されることで、運動や特別なダイエットをしなくても筋肉が増えていき体重を維持することができます。

しかし筋肉量は20歳をピークに減少します、特に運動量が下がってくる30代ごろになると下半身の筋肉量も減少し基礎代謝量はピーク時の7~6割ほどに!これは成長期と違いそれ以降では「体を維持」するエネルギー以外は必要なくなり、必然的に代謝自体が下がるためです。下半身は普段歩いたりすることで筋肉を維持できていると思いがちですが、上半身は普段の生活で様々な動きを行いますが下半身は運動をしたりする回数もなくなり、社会人となると時間に追われたりすることで階段よりもエレベーターや歩くことも減ることで年齢とともに代謝も減って痩せにくい体質になります!

痩せる体質づくりは下半身の筋肉を鍛えること

痩せるためには「摂取したカロリー」が「消費するカロリー」を上回る必要があります。普段の生活でカロリーは消費していますが、加齢とともに太った体などにはそれではだめ!消費するカロリーを増やすために体の代謝アップが必要となります。

そこで重要なのが全身の筋肉量の7割を占める下半身の筋肉を増やして体全体の消費カロリーを上げることが重要となります。ダイエットというとお腹が気になるので腹筋から行いがちですが、重要なのは下半身の筋肉をつけることから、そのために簡単にできる運動といれば「スクワット」「ランニング」などになります。

以外に思えますが下半身に筋肉がつけばダイエットを実感しやすい体質づくりができるます。早く痩せたいために「急激な食事制限」や「無理な運動や筋トレ」をしている人はまず下半身の筋肉をつけるダイエット方法からチャレンジしてください!

2020年12月3日
maki

maki について

本当にそんなので痩せれるのと思って初めてスクワットが数週間で実感できたことから運動の大切さを知りました、痩せるためには「運動」+「食事制限」のバランスでダイエットしやすい体質づくりが重要。

コメントを残す