痩せ体形につながる睡眠方法

食べて寝ると太るといわれていますが、質の高い睡眠はダイエットと深い関係があると言われています。

natu
natuさん

睡眠が痩せ体形につながる理由

睡眠とダイエットに関係がなさそうに感じますが、実は睡眠の仕方では肥満になりかねないことも、生活習慣が悪い方には肥満の方も多いのはそれが原因です!人の体には「レプチン」というホルモンがあり、このレプチンは食欲を抑える役割を持つと言われています。レプチンは別名「肥満ホルモン」といわれています。睡眠する時間によって分泌される量が異なり睡眠が足りないとレプチンホルモンがの分泌量が減り、逆に食欲が増す物質が分泌されて食欲が増します!

最適な睡眠時間は?

睡眠には人それぞれ個人差があります、ダイエットに最適な睡眠時間は7時間前後といわれています、睡眠時間の短い5時間ほどの睡眠の方は7時間ほぞの睡眠に肩に比べて半数以上が太いりゃすいといわれています。つまりダイエットするためのホルモンを分泌するには7時間以上の睡眠が最適ということです、長時間の寝すぎも体に負担があるともいわれているので「寝すぎ」はダメですが、短すぎる睡眠もダイエットにとって不適切です!まずはしっかりとした睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠の質を上げてさらに痩せ体質アップ!

睡眠時間の確保もそうですが、さらに質を上げることで痩せる体質へ変貌していけます。睡眠の質の上げ方もい色々ありますが、おススメなのは「寝る前にお風呂に入る」「寝る前にスマホは見ない」「横向きで丸まってねる」の3つがベストです!寝る前にお風呂に入るのは体も心もリラックスできるので1日の行動に取り入れやすいのも特徴です!寝る前のスマホを見ないのはスマホの画面から出ているブルーライトが睡眠の質を下げると言われています、ブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌が抑えられて活動が高まりますが、寝る前にあびると体が昼と勘違いして「体内時計」に影響することで睡眠の質に影響するためです。横向きで丸まってねるというのは人によってリラックスできる寝相には違いがありますが赤ちゃんの時の寝相に近くリラックスしやすいと言われています、ストレスがあるときなどにも効果的な丸まった寝方は普段の睡眠にも安眠につながりやすいのでお試しください。ダイエット中で最近仕事が忙しくて寝不足だよっていう方は、しっかり睡眠時間と睡眠の質を高めることで痩せ体質になれるのでぜひお試しください!

2020年12月3日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す