食べる時間帯で痩せれる!?

朝一の食事は健康によくて、深夜の食事は太りやすいって聞いたことがあるかと思います、これが迷信の類であればいいのですが、実は食べる時間帯でダイエットには大きな差が出るのです!

natu
natuさん

時計遺伝子といわれるB-MAL1遺伝子!

1日24時間、朝起きて昼は仕事をし、夜には寝るという人間には1日の行動があります、それと同じくして人間の体内にも時計があり、1日の体内リズムをコントロールしている「B-MAL1 ビーマルワン」という遺伝子があります。1日の行動はこのB-MAL遺伝子の働きによって朝起きたり、夜眠たくなったりしています。

B-MAL1は余ったエネルギーを脂肪に変える?

このB-MAL1遺伝子は体の中で余ったエネルギーを脂肪に変えたり、体脂肪がエネルギーとして分解されるのを抑制することがあるといわれています。その遺伝子の活動のピークが「22時~深夜2時」とされており、22時~深夜2時に食事をとるとB-MAL1遺伝子の働きによりエネルギーを脂肪として蓄えるので太りやすくなるといわれています!夜遅くにご飯や甘いものを食べると太るといわれているのはこのためだったのです!意外と迷信のように思われていた方も、実際はこの働きにより太りややすい状態を作っていたのです!

おやつを食べるなら13~15時がベスト!

このB-MAL1遺伝子は活動が落ち着くのが13~15時の間といわれています、意外ですが3時のおやつといわれているのはダイエットには最良の時間帯で、もし間食するならこの時間帯がおすすめです!我慢できるなら我慢しておくのが一番いいのですが、どうしても食事の後は甘いものがガマンできない場合も多いので、そんなときにはB-MAL1遺伝子が落ち着くこの時間帯に間食してもいいかもしれません!

食事の時間帯をコントロールしてダイエットの効率アップ!

どうしても食事を取ると太りやすくなってしまうという方は、7~9時、13~15時、18~20時くらいに食事を取るのがおすすめです!どうしても夜遅くご飯を食べなければいけない場合は1回でたくさん食べるよりも複数回にわけて食べたほうが痩せやすくなるので、3つの時間帯に分けて食べる時間帯をコントロールするようにしてみましょう!
ちなみに私は3時のおやつは食べてますが小分けにして少しづつ食べています!!

2020年12月1日
natu

natu について

以前は急激な食事制限などでダイエットしていたけど、何度かリバウンドしたのが原因で今は少しづつダイエットする方法を実践しています。本で得た知識がほとんどですが皆さんの参考になればうれしいです!

コメントを残す